GO!VEGAN!ヴィーガン男子TOGOのブログ

GO!VEGAN!ヴィーガン(男)の日々を記録するブログ

日本人ヴィーガンの日々の記録や、ビーガンに関する情報を発信します。動物は食べる物ではなく、共生するものだと気が付きました。お役立ちできる情報を学びながら発信できればと思っています。

【インフォグラフィックス】ヴィーガンが着るモノ・着ないモノ。エシカルなファッションとは。ファッションに動物の犠牲はいらない。より良い選択をする為に必要な3つの事。

f:id:toko926:20161025163650j:plain

1.ファッションに動物の犠牲はいらない ヴィーガンの衣服の選択とは

今日は、少し番外編ということで、ヴィーガンのファッションについて、お伝えしたいと思います。ファッションというと、少しオシャレを意識した感じになってしまいますが、「人間が生きる為には、何かを身に纏わないといけない。その上で、何を選ぶか」という選択の話です。

上の、インフォグラフィックスにも書いた通り、毎年何百万、もしかしたらそれ以上の何千万もの動物がファッションの為に犠牲になっているそうです。

※数字はPETAを参照しています
※どなたか、動物の犠牲について数字のリファレンスをお持ちの方いたら教えて下さい

f:id:toko926:20161025163940p:plain

画像:EARTHLINGS — nationearth.com 

※画像を見ると「ごめん」って思います。生きたまま皮を剥がれた犬です。ドキュンタリー「Earthlings」から。

 

近年、多くの反対活動をしている方の努力が届き、H&Mなどのファストファッションも含めて、レザーやファーを廃止するブランドが増えてきました。この事により、動物の権利(アニマルライツ)や犠牲に関心がない人でも、意図せずとも、「レザーではなく合成皮革」、「ファーはフェイクファー」を身に付けている方の割合が少しずつ増えているといいます。ファッションブランドは消費者の声に非常に弱いです。

※参考 毛皮を売らないメーカーリスト | 毛皮・リアルファーを買わないという選択を

 

僕は、ヴィーガンになるまで無関心で、レザーも好きで着ていたし、革鞄も買っていました。今は、ほとんどを友人や中古市場で処分し、「動物の犠牲がない洋服」、僕として、よりエシカルなファッションだと考えるモノを選ぶようになりました。

このエシカルなファッションは動物の犠牲だけではなく、環境への負荷や、途上国の安い労働力の搾取なども含みます。(勉強中です)

しかし、かつての僕にとってこの判断や選択が難しかったように、これを乗り越える為には、必要な要素が3つあると考えています。

 

2.エシカルなファッションを選択できる為に必要な3つの要素

この為には3つ必要な要素があると考えています。

  • 関心を持ち、購入する前に立ち止まれる
  • 判断をする為に必要な知識がある
  • より良い判断と決断ができる

この3つのどれかが欠けると、エシカルなファッションを選択することはできないと考えています。

 

関心がなければ、見た目や値段だけを見て、レジに直行してしまいます。ラベルを確認したり、店員さんに聞いたり、ブランドについて関心を持つことが、購入前に立ち止まって行うべきことです。これは、ファッションを楽しむ意味でも重要なことです。身に纏い共に行動するアイテムのストーリーを知る。これは、時間や手間を掛ける価値があると思います。無知であっても、聞くことを躊躇してはいけません。店員さんも関心を持ち、知識を持つ為にはニーズやキッカケが必要なのです。

 

そして、判断に必要な知識です。ラベルを見ても、店員さんに話を聞いても、それが「どのように作られているか」がわからなければ、選択はできません。僕も無知な状態から勉強しました。素材だけで言えばそんなに難しい話ではありません。サスティナブルな生産や、生産地とフェアな取引をしているか、生産地の経済や環境に配慮しているか、というのは更に上の次元です。

 

最後に、判断です。自らの主義により、「こちらを選択すべき」という判断ができること。この主義において、動物の犠牲がなく、環境負荷が少ないものが選ばれることを願います。そして、決断です。判断ができてもファッションの選択には好みや着心地、そして値段が影響します。これを乗り越えて、購入、もしくは「買わない」という決断ができることが必要です。このプロセスを踏んだファッションは、何も考えずに購入した場合とは比較にならないぐらい、素晴らしい気持で着ることができるでしょう。

 

3.素材からエシカルなファッション選択する 動物の犠牲がない素材達

 

僕もよりよい判断をする為の第一ステップとして「どの素材が動物の素材がないか」を勉強をして、まとめました。そして、参照しやすいように、画像にしました。

f:id:toko926:20161025164258j:plain

僕は、この画像をiPhoneに保存して、お気に入りをつけています。(iPhoneのカメラロールのハートマークです)洋服を買うときに、リストを参照し、該当する素材が使われていないか確認しています。

 

※バージョンアップしたいので「これもあるよ」というモノは是非教えてください。

※僕は、現時点で虐待や既に死んでしまった動物の皮のファッションへの利用については迷っています。まずは動物由来の素材が使われた商品の購入を避けつつ、パタゴニアなど倫理的にも配慮された事例を勉強しながら、選択していきたいと思っています。

※過去に購入した商品については、積極的には着ませんが、新しいモノの購入まではお世話になろうと思っています。(ダウンの代わりになる防寒着の購入など)既に購入してしまったものは、新しい命を奪わなくてよいことが理由です。


【動物の命の犠牲や苦痛を伴うもの】

☓レザー:牛や豚など動物の皮膚
☓スウェード:小動物の毛が付いた皮膚
☓ワニ革:ワニの皮膚
☓ヘビ革:蛇の皮膚
☓アンゴラ:うさぎの毛
☓パシュミナ:ヤギの毛
☓カシミア:(カシミヤ地方の)羊の毛
☓シルク:蚕の繭、生産時に蚕を虐殺
☓ウール:羊の毛
☓フリース:一部動物の毛
☓ダウン:鳥の毛
☓ファー:犬など動物の毛

 

【そうでないエシカルな素材】
◯合成皮革:化学的に作った皮もどき
◯ポリウレタン:ゴムなど
◯コルク:樹木から
◯布:キャンバスなど
◯コットン:木綿
◯リネン:亜麻
◯ポリエステル:石油由来の化学繊維
◯アクリル:合成樹脂
◯ナイロン:石油由来の化学繊維
◯オーガニックコットン:木綿
◯レーヨン:コットンを加工した糸
◯デニム
◯アクリル:合成樹脂
◯テンセル:木材由来
◯ゴアテックス
◯ポリエステルのフリース
◯フェイクファー:化学的に作られたファー

4.エシカルなヴィーガンブランドを世界のヴィーガンに聞いてみました

 僕は海外のヴィーガン事情にすごく学んでいます。少し無礼ながらも、インスタグラムで「どうしてヴィーガンになったの?」「オススメのヴィーガンカフェはある?」「オーガニックの野菜や果物は安く手に入る?」「好きなヴィーガン・ブランドはある?」という質問を、インスタグラムのDMで送って質問しています。

エシカルなファッションといえば、「Stella McCartney(ステラ・マッカートニー)」が有名です。多くの人が支持しています。もう、すでにご存知の方も多いので、教えてもらったユニークなヴィーガン・ブランドを紹介したいと思います。

 

f:id:toko926:20161025164447p:plain

画像:Stella McCartney/ステラ マッカートニー公式オンラインストア-ウェア、バッグ、ランジェリー、キッズ、アディダス

 

Stella McCartney(ステラ・マッカートニー)がレザートレードや自らのポリシーについて語っています。動画はYoutube、元ソースはPETAの記事です。

youtu.be

 

The Veggie Republic.(ザ・ベジーリパブリック)

こちらはロサンゼルスの方に教えて頂きました。ブレスレットを販売しているメーカーです。オシャレ!という訳ではないのですが、ユニークでしたので紹介したくなりました。​ 

f:id:toko926:20161025164630p:plain

画像:The Veggie Republic

ファウンダーの女性は、サンディエゴへの移住後、菜食によって大きな健康的なメリットを享受でき、これを広めたいと考えました。そして、野菜やフルーツが描かれたブレスレットを身に付けることで、リマインダー、つまり「野菜や果物をもっと食べないと!」と思い出せるのです。とてもユニークな発想です。日本でも、こういうコンセプトをもったファッションアイテムでヴィーガンやアニマルライツのムーヴメントが起きてもいいかもしれませんね。値段は$14です。日本への発送可否は確認していません。

We believe everybody benefits from more veggies! A colorful and varied plant-strong diet is the best way to get vital vitamins and minerals into our bodies. We designed the Veggie Bracelet as a simple reminder to eat healthy and take care of yourself. The veggies featured are colorful, diverse and all grown in California. Wear one bracelet or an entire armful: it shows your commitment to a healthy lifestyle and sends fresh produce to those who need it.

 

いかがでしたでしょうか。次回は、「Earthlings(アースリングス)」のその他の内容、ペット、サーカス、動物実験などについて書けたらと思っています。(変更の可能性あり)

ブログの新着はTwitterでお知らせするので、是非フォローして下さいね!

 ※昨日の晩御飯です。アボカドは酸化していない良質な油の摂取源です。できる限りローでホールになるようにしています。食事については先日リリースさせて頂いた本の中で詳しく書いています。プラントベースの食事をしている方にもお役立ちできる情報があると思います。

https://www.instagram.com/p/BL8agpIgGd6/

 

 

前回の記事はコチラ

blog.govegan.tokyo

次回の記事はコチラ

blog.govegan.tokyo